流入数を増やすホームページへの
流入数を増やす

まずは集客効果を高めるためにWEB広告を実施します。
より多くの方に自社のホームページへ訪れていただきながら、
日々の運用の中で費用対効果を高めます。

「計画」「実行」
「評価と改善」によって
流入を強化

01.「計画」

広告目標の設定

年間の目標棟数を定めることから始めます。目標棟数の達成のために必要な問い合わせ件数を逆算し、月何件の問い合わせがあれば、目標達成ができるのかを定めます。目標の共有をすることでブレない取り組みを継続します。

02.「実行」

広告の実施・運用

社名などで検索をしてくる「ブランド指名」はもちろん、工務店+エリアなどで検索をする「エリア指名」、または趣味や関心ごとで検索をする「ライフスタイル指名」まで幅広く集客します。日々の運用の中で、最も効果が高く、効率の良い広告に最適化します。

03.「評価と改善」

アクセス解析と改善

毎月の広告レポートを通じて、広告結果の把握と対策を検討します。改善を繰り返すことで、最も効果が出ていて、コストが抑えられる広告パターンを導き出し、1件あたりの問い合わせ獲得単価を抑制します。継続することで効果を高める施策となります。

広告出稿は
メガ媒体を中心に

日本のインターネット広告では「Google」「Yahoo」といったメガ媒体を筆頭に「Facebook」「LINE」「Twitter」の5媒体で総広告の約9割となります。工務店・不動産会社においても、まずは「Google」「Yahoo」で最適な広告配信を行い、「Facebook」「Instagram」「LINE」の広告で顧客網羅率を高めていきます。

歩留まりアップを期待できる
動画広告にも対応

5Gサービスの開始などの背景もあって近年市場規模が急速に拡大している動画広告。ストーリーの構成や訴求内容の切りロ、動画の尺や差し込む画像のチョイスなど、押さえるべきポイントは多岐に渡ります。こまめに効果測定しながら素材の選定から納品までサポート、反響につながるまでのPDCAを回していくことができます。

イン・ハウズとは

「もっと話を聞いてみたい!」
「集客について質問したい!」
工務店・不動産会社様はぜひ
お気軽にお問い合わせください