数値で判断する
AICEL診断』
アクセスの数値を
もとに効果測定する

流入から問い合わせまでの流れをつくった上で、
サイトアクセスの主要な数字に基づいた分析で
ホームページの集客課題がどこにあるのかを明らかにします。

AICEL診断』について

『AICEL(アイセル)診断』は、グーグルアナリティクスの主要数字から、
ホームページの課題を洗い出し、改善の優先順位を定めるツールです。
ユーザーがどこから来て、どんなページを見て、どこから出て行ったのかを見定めることで、
ユーザーの関心や問題点を見つけることができます。

AICEL診断〈無料版〉今すぐ簡易診断!

『A・I・C・E・L』について

Attention

認知拡大

計測指標
セッション
業界平均値
商圏エリアと目標棟数により変動

ホームページに訪れた方の延べ訪問回数。企業や商品に対しての顧客の関心度合いを判断します。

セッション数が目標に対して不足している場合は、直ちにホームページ流入の増加を目的とした広告や、リピーターを呼び込む対策をします。また自然検索の流入のためのコンテンツ制作も行います。

Interest

興味喚起

計測指標
ページ/セッション
業界平均値
3ページ以上

1度ホームページに訪れた方が何ページ見てくれているか。企業や商品への興味・関心の度合いを判断します。

ページ/セッションが低い場合は、ホームページに流入する顧客とのマッチ率を高めます。ホームページ内のコンテンツ強化を行うと共に、回遊導線の改善が必要になります。

Comprehension

理解浸透

計測指標
セッション時間
業界平均値
3分以上

ホームページに訪れていた時間。ホームページ内のコンテンツが興味のあるものだったか、理解が進んだかを判断します。

セッション時間が短いホームページは、自社の情報が読み込まれていないということ。コンテンツ強化により、顧客が知りたい情報を積極的に発信していく必要があります。

Empathy

共感促進

計測指標
①セッション/ユーザー
②フォーム遷移率(完了率)
業界平均値
①1.5セッション
②2〜5%(10~20%)

1人のユーザーが何回ホームページに訪れたか。また問い合わせフォームに訪れたか。検討の度合いを判断します。

ページ/セッション/ユーザーはリピーターの状態を表しています。2度、3度訪れるホームページづくりを目指します。またフォーム遷移率は、導線の設計を行うことで改善していきます。

Loyalty

信頼構築

計測指標
コンバージョン率
業界平均値
0.2〜0.5%

お問い合わせの数。最終的な成果として、アクションを起こすまでの信頼構築ができているかを判断します。

コンバージョン率は、ここまでの指標を総合的に見た結果となります。流入した顧客と自社はマッチしているか、コンテンツは見られているか、回遊導線は最適かなど、総合的な視点で対策を検討します。

AICEL診断〈無料版〉今すぐ簡易診断!

イン・ハウズとは

「もっと話を聞いてみたい!」
「集客について質問したい!」
工務店・不動産会社様はぜひ
お気軽にお問い合わせください